エンジンプロジェクト

エンジンプロジェクトとは

 2017年現在においてエンジンに使用している各種パーツの供給が途絶える等の将来的に発生しうる諸問題に対する解決策として、そして、F.T.E.の発足から8年が経過し、ロケットに関する知識が蓄積された我々の新たな試みとして、2016年、既存のパーツに依存しない自作ロケットエンジン開発プロジェクトを立ち上げました。

 2018年春に一号機の設計、プロトタイプの製作。2018年夏に燃焼実験の実施。2019年春に実験により得られたデータを基に一号機を再設計、作製。2019年夏に一号機による燃焼実験の実施、一号機を搭載したロケットの打ち上げを予定しています。

 長期的な目標として、2022年夏に実施予定の能代宇宙イベントにおいて高度3キロメートルを突破するエンジンの開発、2025年同イベントにおいて高度5キロメートルを突破するエンジンの開発の二点を掲げています。

 現在、一号機の開発費不足が懸念されており、皆様方の温かいご支援とご協力賜りますようお願いいたします。