機構班

ロケットはそのまま落ちてくると落下速度が非常に大きくなり大変危険です。そのため落下時にパラシュートを開くことで落下速度を落とし安全に回収します。機構班ではこのパラシュートと上空でパラシュートを機体から放出するための機構について設計・製作を行っています。

F.T.E.では現在、バネとストッパーを用いた解放機構を採用しています。この機構ではバネの元に戻ろうとする力をストッパーでロックしておき、打上時に頂点でロックを解除することで開放を行っています。

機構班では、より安全で信頼性の高い解放機構を作るために、日々試行錯誤しています。