ハイブリットロケットとは

 推進剤が気体と固体、液体と固体など、異なる相の”ハイブリッド”であるロケットエンジンシステムをハイブリッドエンジンと言います。これを推進力に用いたロケットの総称がハイブリッドロケットです。

 ハイブリッドロケットは液体燃料ロケットと比較して配管が短く済むなど機械的に構造が単純です。固体燃料ロケットと比較しても燃焼効率が高く、酸化剤の噴射量で出力の調整できる利点もあり、爆発の危険性が低く、毒性もないため安全性にも優れています。一方、燃焼が進行した際の推力低下や燃焼速度の遅さ等の課題も抱えています。

 

 F.T.E.では液体燃料(N2O)と固体燃料(ABS) を用いたエンジンシステムを採用しており、その運用には地上支援機材(GSE)が必要です。機体の外装にはGFRP 等の複合材料を採用しています。打ち上げた機体を安全に回収するために、パラシュート等の減速装置とその放出を担う解放機構が搭載されています。飛翔中のデータ取得や解放機構の動作は電子制御で行っています。

これまでの打上実績

※詳細ボタンは機能していません。

Sirius

2018

8期主導のプロジェクトロケット。加工精度とデザインを重要視して制作。 陸での打ち上げのため、高度は低いが、3種類のカメラを搭載した空撮目的の機体。 打ち上げには成功したものの、発射検知に失敗したため弾道落下。カメラデータは一部回収。到達高度174m。

FTE-06(海豚)

2017

6期生の集大成として制作。自団体初の到達高度1km超えとデータの回収を目標とし制作。打上成功。パラシュート展開・開放に成功したもののパラシュートのオープニングショックにより機体破損。機体は一部を除き回収に成功しデータの回収にも成功。最高到達高度1123m。

BOO

2017

「ブタを1000m超えの大空へあげよう」というスローガンのもと制作。打上には成功したものの電装部のコードに不備があり空中分解。大部分は回収成功。

FTE-03

2014

3期生の集大成として制作。打上は成功。パラシュート放出・展開できず。J型ハイブリッドエンジン搭載。

天照

2018

9期新入生プロジェクトとして制作されたロケット。G型固体燃料エンジンの逆噴射を利用したリカバリー機構を搭載。また、内部に搭載した生卵を割らずに回収することをミッションとした。打ち上げは成功し、リカバリー機構も正常に動作。空中で分裂した電装を含む一部の部品を除き機体の回収にも成功し、卵も割らずに回収することができた。

Regulus

2017

新入生プロジェクトとして大型モデルロケットを制作。モデルロケットでは通常搭載しないパラシュート開放機構を搭載することにより、ハイブリッドロケットを制作する際にも応用できるようにした。打上成功。パラシュート放出・展開も成功し完全回収。

FTE-05(鴎)

2016

5期生の集大成として制作。能代宇宙イベント海打に初挑戦。高高度打ち上げを目標とし設計。打上は成功したものの空中分解し、弾道落下。一部回収成功。K型ハイブリッドエンジン搭載。

FTE-02

2013

2期生の集大成として制作。MHIアワード2013特別賞受賞。完全回収に成功。J型ハイブリッドエンジン搭載。

FTE-07 (BEAR)

2018

高高度到達を目標とした7期代の通年プロジェクト 2018年伊豆大島共同打上実験に向け製作したが燃焼系のトラブルと天候に恵まれず打上を中止 同年能代宇宙イベントで改良機の打上を行った 推定最高到達高度は704m 機体剛性の大幅な向上を実現し、大型・大推力化に向けての一歩を踏み出す機体となった

朱雀

2017

当時の学部1年生中心に制作。前年に打上げ、回収した「雀」を修繕・改良したロケット。機体の大きなスペースを利用し、これまでにない電装を搭載した。打上には成功したものの弾道落下。回収は成功した。

2016

”輸送機”としてのロケット開発を目指し制作。当時の学部1,2年生中心に制作。完全回収に成功したがペイロードはパラシュートと絡まり地上に落とすことができなかった。

FTE-01

2012

団体初のハイブリッドロケット。打上は成功。パラシュート放出・展開はうまく行かなかった。J型ハイブリッドエンジン搭載、到達高度約280メートル。

全国各地のロケット関連団体