ロケット打上実績

2015年3月28日 プロジェクト扇&茄子&ベルガモット

"ベルガモット"と名付けられたモデルロケットを打ち上げるこのプロジェクトは、アールグレイと同じく5期生のみで企画設計から製作打ち上げまで行いました。能代イベントで6期生がD型エンジンを使用したモデルロケットを打ち上げる予定で、その製作に関して5期生が指導することになるので、経験を培うというのが目的でした。都合により急遽エンジンはC型(C6-5)に変更になりましたが、それを3つ組み合わせたクラスター式のものを完成させることができました。機体にはGFRP(Glass Fiber Reinforced Plastics)を用い、ノーズにはポリエチレン、フィンにはバルサ材を採用しました。打ち上げ自体は成功し、遅れ気味にパラシュートも開きましたが、機体の上下を繋いでいたゴム紐が衝撃で切れてしまい、上半身が弾道落下しました。その影響で積んであった電子回路からはデータが得られませんでした。残念ながら完全回収とはいきませんでしたが、よい経験となりました。

2015年2月14日 プロジェクトアールグレイ

春休みが始まって間もない2/14(土)の雪の降る朝、"アールグレイ"と名付けられた多段式モデルロケットを打ち上げました。このプロジェクトは5期(14年春加入)主体で設計・制作を行いました。前年8月の能代宇宙イベントで多段式ロケットが失敗してしまったので、そのリベンジを果たすと皆燃えておりました。アールグレイは2段式で、打ち上げ後 空中で2段目のエンジンに着火し1段目を切り離す構造で、1,2段目の接合には能代の時と同様テープを採用しました。動力の伝達がうまくいかず、真っ直ぐには飛びましたが計算通りの打ち上げとはいきませんでした。しかし既に名称が決定している次のプロジェクト"ベルガモット"へのよいステップとなったと思います。

2014年8月17日 3回目のハイブリッドロケット ~ FTE-03

8/17(水)に3期生(現3年生)が中心となって製作する集大成のJ型エンジンのハイブリットロケット「FTE-03」の打ち上げを秋田県能代市の「第10回能代宇宙イベント」にて行いました。機体の全長は約2mで重量は約7kgです。

元々は8/16(火)に打ち上げる予定だったのですが、燃焼系のトラブルがあり、翌日に延期することになってしまいました。

打ち上げ結果ですが、打ち上がった後に弾道飛行してしまい、2段パラシュートが開かずに落下してしまいました。これまでパラシュートが開いて安全に落下し機体を回収するという、完全回収を目標として、ずっと頑張ってきたので今回の結果はとても悔しいですが、この反省を活かして、来年の4期生中心となるロケットは是非完全回収の目標を達成して欲しいです。このために現在、各班長が打ち上げ結果の原因を分析しているところです。

また、同日に行われた5期生(1年生)によるロケットも、多段式ロケットは失敗してしまいましたが、クラスター式ロケットは成功することができました。

最後に、筑波大学STEPさんをはじめとする打ち上げを手伝ってくださった他大学の皆様、これまで周りで応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。これで3期生が中心となるプロジェクトは終了となり代交代の時期となりますが、これからもさらに頑張っていきますのでFrom The Earthをよろしくお願いいたします!

2014年7月6日 プロジェクトカクテキ

2014年7月6日(日)にプロジェクトカクテキの打ち上げを行いました!
4,5期生によるプロジェクトの第二弾ということで、5期生の能代宇宙イベントでの打ち上げに向けた導入的な立ち位置のプロジェクトとなりました。
エンジンを前回のA型からC型に格上げしたことに加え、多くの5期生に数値シミュレーションをしてもらうなど、より能代仕様に近い形で行いました。
打ち上げ結果としては、シミュレーションの成果もありほとんどの班が真っ直ぐ綺麗に飛ばせました!
完全回収できた班もあり、5期生は能代イベントに向けて多くの収穫を得たプロジェクトになったと思います。

2014年6月1日 新入生(5期)プロジェクト

2014年6月1日(日)に牛越橋の河原で打ち上げを行いました!
今回は、毎年恒例となった新入生主体のプロジェクトです。新入生ならではのフレッシュな視点から生まれたユニークなロケットたちは、デザインだけでなく素材や形状にも凝ったものばかりでした。そして、打ち上げも全班成功!パラシュートが上手く開かなかった班が多かったようですが、ほぼ完全回収できた班も!

このプロジェクトを通じて、自らの手で作ったロケットを飛ばして回収まですることの楽しさ、奥深さに触れてもらえたかな、と思います。

2014年3月30日 プロジェクト豚トロ

2014年3月30日。冷たい雨の降る中、今季初の大型ロケットである豚トロの打ち上げを行いました!雨天時の打ち上げには「風速8m以下で雷鳴なし」という条件がありますが、風も雷もなくその時を迎えることができました。そして打ち上げには成功。しかしパラシュートは上手く開きませんでした。

初めてのリロードエンジンの成功など成果もあり、悔しさは残りますが充実したプロジェクトとなりました。今回の打ち上げの反省をしっかりと行い、能代宇宙イベントでの成功につなげていきます。

2014年3月23日 プロジェクト豚カルビ

2014年3月23日、4期が中心となったプロジェクト豚カルビの打ち上げでした。松井班と千葉班の二班に分けて製作を行いました。松井班のロケットの機体はFRPを使用し、さらにノーズは3Dプリンタを用いて製作をしました。そしてもう一つの千葉班のロケットですが、機体はお菓子の箱を使った二段式です。結果はというと、千葉班は一度目は不点火でしたが二度目はリカバリーに成功。松井班も無事に成功を収めました。小雨や強風、グラウンドがぬれているなどコンディションは悪かったのですが、良い結果で終わることができました。

2014年1月19日 牛タンおかわり

2014年1月19日午前9:00より新年初となる牛タンおかわりプロジェクトの打ち上げを行いました。このプロジェクトは前回の牛タンプロジェクトの反省を踏まえて前回と同じ機体を修繕し、改良して再び打ち上げるというものです。今回のプロジェクトでは、エンジンのパワーが足りなかった前回を踏まえて、クラスターエンジンを搭載しました。

結果は2班あるうちの片方はエンジンが一つ不点火で失速、もう一班は見事成功しました!電子班が回収したデータが楽しみなところです。

2013年11月24日 牛タンプロジェクト

2013年11月24日午前8:00。2期から3期へと代交代して初めてのプロジェクトであるプロジェクト牛タンの打ち上げが行われました。このプロジェクトは、2班にわかれ、GFRP(ガラス繊維強化プラスチック)を用いた製作に慣れることを主目的とし、他に電子回路を積んでデータ回収をすることも試みました。

2班ともパラシュートが開かず、弾道落下となってしまいましたが回路は生きており、データ回収はできました。今後に向けて反省の多い内容になったかなと思います。

2013年8月25日 4期生プロジェクト

2013年8月25日17:00。下記の2期生メインのプロジェクトと同様に、能代宇宙イベントにて打上を行いました。このプロジェクトは4期生(1年生)が主体となって運営した初のプロジェクトであり、多段式(3段!)モデルロケットおよびクラスター式モデルロケットを打ちあげました。なんと、なかには電子計測機器を搭載しています。多段式はうまくいかなかったものの、クラスター式モデルロケットは無事、成功となりました。

1 / 4

Please reload