​Amaterasu

天照

9期新入生プロジェクトとして制作されたロケット。G型固体燃料エンジンの逆噴射を利用したリカバリー機構を搭載。また、内部に搭載した生卵を割らずに回収することをミッションとした。打ち上げは成功し、リカバリー機構も正常に動作。空中で分裂した電装を含む一部の部品を除き機体の回収にも成功し、卵も割らずに回収することができた。